Header Ads

2013.05.11 Final Burning in Budokan

proresu

“鉄人”小橋建太の引退興行 「FINAL BURNING in Budokan 小橋建太引退記念試合」が 11日、東京・日本武道館で開催され、チケットは即日完売、立ち見までギッシリの超満員となる1万7000人を動員した。

小橋は1987年に全日本プロレスに入門し、88年2月にデビュー。故・三沢光晴さん、川田利明、田上明との「四天王プロレス」で90年代後半のプロレス黄金時代を築き上げ、三冠ヘビー級王座、世界タッグ王座などを獲得した。00年には新団体プロレスリング・ノアに移籍し、03年月から約2年間に渡ってGHCヘビー級王座を13度防衛し、「絶対王者」の称号を得た。06年6月には腎臓ガンが発覚し、右腎臓を摘出しながらも、07年12月に546日ぶりの奇跡の復帰を果たした。その後もヒジ やヒザの故障に悩まされ、長期欠場と復帰を繰り返していたが、昨年7月に行った首の手術後のコンディションが思わしくなく、「これ以上、小橋建太のプロレスができない」との思いから、昨年12月にリングに別れを告げる決心をした。

http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/fight/all/2013051101/

https://v.youku.com/v_show/id_XNTYzNzI1MDgw.html?spm=a2h3j.8428770.3416059.1

沒有留言

普羅擂司摔角@2016. 技術提供:Blogger.