Header Ads

2014.08.03 G1クライマックス 第8日

proresu

新日本プロレスの真夏の祭典「G1 CLIMAX 24」第8戦となる3日の大阪・大阪ボディメーカーコロシアム大会では、超満員札止めとなる7500人を動員した。
メインイベントでは棚橋弘至vs.中邑真輔の黄金カードが実現。これまで7勝7敗1分とまったくの五分であった両者だが、15分を超える激闘の末に棚橋が勝利。これにより、Aブロックは、かつて新・闘魂三銃士と呼ばれた棚橋、中邑、柴田勝頼の3選手が1位タイで並んだ。
セミファイナルでは2年ぶりの優勝を狙う“レインメーカー”オカダ・カズチカは、因縁の高橋裕二郎を退け、Bブロック1位タイの座を守った。


http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/sports/fight_all/2401



檔案下載
http://adf.ly/qqIV3

沒有留言

普羅擂司摔角@2016. 技術提供:Blogger.